Apple Watch の通知設定

iPhoneに届いた通知をApple Watchで確認出来る!というのがApple Watchの一番の利点だと思いますが、思ったように通知が来ない時がありませんか?

Apple Watch

iPhoneの設定によってはWatchへの通知がオフになるので通知が来ない場合に確認するべきポイントです。

Apple Watchの通知設定を確認

Apple Watch 設定

Watchアプリを開いて、通知が来ないアプリの設定を確認します。

Apple Watch 設定

「通知」を開いて下へスクロールすると「IPHONEからの通知を反映」という項目にアプリの一覧があるので、この項目がオンになっているか確認してオフの場合はオンへと変更します。

iPhoneの通知設定を確認

iPhoneの「設定」から「通知」を開きます。

iPhone通知設定

通知スタイルという項目にアプリの一覧があるので、該当のアプリを開きます。

iPhone通知設定

このLINEアプリの通知のように、「通知を許可」がオンになっていて、通知の項目でいずれかにチェックが入っている状態である事を確認して下さい。

iPhone通知設定

このようにiPhoneでの通知も行わない状態になっているとApple Watchでの通知も行われないので、iPhoneでも3種の内のどれかで通知が行われる設定に変更して下さい。

Apple Watch側とiPhone側のどちらも通知が行われる設定になっているのに通知が来ない場合は、どちらも再起動を行うと通知が入るようになることがあります。

通知が多すぎて困る時

逆にApple Watchへの通知を止めたい場合はWatchアプリ側で通知をオフにします。

Apple Watch 設定

Watchアプリ→「通知」を開いて下へスクロール「IPHONEからの通知を反映」にあるアプリの一覧より、通知しないアプリをオフにします。

Apple Watchで通知が受けれるのがすごく便利な機能ですが、腕に直接バイブレーションで知らせてくれる分、通知が入りすぎると煩わしく感じるので、常に確認したいアプリだけにしとくと良いかもしれませんよ!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。