iPad Air 4を購入して1ヶ月使い込んでみた

iPad Air 4Apple

コロナ禍で外出そのものが減っていて、iPad miniの軽さ・小ささを十分に活かす事が出来ない中、自宅で映画やアニメを見る機会が増えていたのですが、動画を見る端末としてはiPad miniでは画面サイズが少し物足りなくなってきて、10インチ前後のiPadが欲しくなったので今更ながらにiPad Air 4を購入しました。

iPad Pro 11インチも候補として少し考えて、整備済品も暫く様子を見ながら探してみたけどちょうどいいのが出ず、流石にM1 iPad Proほどのスペックは必要ないし、Apple Pencil2と電源ボタンのTouch IDを試してみたかったのもあったし、でも使ってみたらやっぱりiPad mini最高!ってなるかもなぁと思って今回はAirにしました。

デザインが美しい

iPad Air 4

元々iPhoneでは5Sのデザインが一番気に入っていたので、今のiPad ProやiPad Air4のフラットで角ばった感じはすごく好みです。(本体に傷が入るのを防ぐために白のスキンシールを貼っています)

ベゼルは少しあるけど、これくらいの方が持ちやすいし良いと思う。四辺とも同じ幅のベゼルなのはスッキリしていて良い。

電源ボタンにTouch IDを埋め込まれているのも、左右の人差し指の指紋を登録しておけば縦使いでも横使いでも困ることはなくて便利だし見た目も良い。

動画や本を見るには良い画面サイズ

iPad Air 4

ベッドに寝転びながら手ぶらで見れるタブレットスタンドも設置してあるので、iPad miniでは少し小さく感じていた画面サイズがちょうどいい感じになりました。
12.9インチだと今よりも少し離す必要がありそうだし、ベッドに寝転んだ状態では眼鏡を外したいけど、そうなると視力的に辛くなってくるし、寝ながら手ぶらで動画を見る端末としては10~11インチくらいが丁度良いバランスかも。

有機ELやminiLEDほどは黒が黒ではないけど、映画もすごく鮮明で液晶はとても綺麗だと思う。

文字が読みやすい

iPad Air 4

液晶が綺麗なのも功を奏してると思うのですが、とにかく文字が読みやすい。
フルHDの外部ディスプレイはもちろん、MacBook Proの内蔵ディスプレイに表示される文字よりも個人的には好みです。

コミック本はもちろん、雑誌も見開きで見れるので本を読むにも丁度良いサイズ感だと思う。iPad miniではコミックを縦で読んでたけど、Air4では見開きで読むようになりました。

ブラウザでウェブを見るときも、iPad Air4の後でiPad miniを使うと「miniってこんなに文字小さかったっけ??」って思うくらい、Air4の方がウェブが見やすい。

iPad Air 4

以前、Air2を使ってた頃はまだ今のように環境も整ってなかったのもあって、テキストの打ち込みやコーディングをガンガンに使うというほどの気持ちにはなれなかったけど、こんなに文字が綺麗でディスプレイサイズとのバランスも良いなら、ちょっと真面目に開発環境を探してみようかなっていう気になりました。少なくともブログの記事を書くにはMacBookより良いかもしれない。

Apple Pencil 2が使える

iPad Air 4

iPad Proでしか使えなかったApple Pencil 2がAir4で使えるようになりました。やっぱりLightning端子に直接挿して充電するよりサイドに吸着するだけで充電出来る(初期のペアリングもこれだけ)のはスマートだし置く場所が決まるので良いです。

デメリット

基本的には画面が大きくなったことでのメリットの方が大きいし、店舗で触っているだけだと気付かなかったデメリットもしばらく使い続けることで分かってきました。

少し重い

Wi-Fiモデルで458g(Wi-Fi + Cellularモデルは460g)と、ノートPCに比べると圧倒的に軽いんだけど、実際に使用する際には端を掴む事になるので片手持ちだと特にテコの原理で数字以上の重さは感じてしまう。

雑誌や漫画を見開きで見れるサイズ感なのは凄く良いんだけど、手持ちでずっと読んでいるのはやっぱり少し辛い。手をデスク等に置きながらでも手首や指が疲れてきます。長時間手を浮かせながらになるポジションだともちろん腕が疲れるし、寝転びながら上を向いてiPadを持つというスタイルはかなり厳しいと思う。筋トレになると思えばメリットかもしれないけど、やっぱり楽に読みたいところ。

内側カメラの位置はこれで良いの?

iPad Air 4

あまりカメラを使ったオンライン会議や通話はしないんだけど、ZOOM等に繋ぐのであれば、iPadを横向きにセットする方が使いやすいと思うんですね。
カメラ位置はiPadを縦向きに対して上部の位置になるので、横向きにすると画面の左端(180度反転させると右端)になってしまい、画面を注視していると視線が合わないから、横向きにした時に上部中央(縦使いした時に右端中央になる位置)にあった方が良い気がします。

外部カメラが出っ張る

iPad Air 4

単眼カメラなので、iPad ProやiPhoneほど邪魔なわけではないですが、僅かにカメラが飛び出しているのでデスクのような固い場所に置くとカメラ部分が少し浮いてしまうことになるので安定はしません。文字を書く程度であればそんなに気にはならないけど、絵を描く人はカメラ部分を少し浮かせるようなスタンドを使った方が描きやすいかと思います。

価格が高い

パフォーマンスも使い心地もすごく良くて、本当によくできたタブレットではあるので当然の価格だとは思うんだけど、一番低価格な64GBのWifiモデルでも6万円台後半とそこそこの値段になってしまうので、動画や画像を編集したり処理の重いゲームをするような用途がなければ無印iPadでも十分だと思います。

iPadで出来ることという意味では無印iPadでも大差はないし、多くの人の用途ではAir4と無印を両方使ってみてもスペック差はあまり感じられないと思います。

確かにApple Pencil2も使いやすくなっていて充電もスマートだけれど、メモやノートを書くという程度の用途であれば初代Apple Pencilでも十分。
iPad Air4の256GBを選ぶとなるとiPad Proでも良いかなぁと思える値段だし、Appleの価格設定は本当にいやらしいと思う。

もう少し小さければ…

iPad Air 4とサコッシュ

もちろんこのサイズだから動画を見るには良いんだけど、ちょっと出かける時の普段使い用のボディバッグやサコッシュに入れると、ギリギリすぎてバッグが少し膨らむのが惜しい。リュックやトートバッグで持ち運ぶならなんの問題もないので、この感想は使ってるバッグによって変わります。使うバッグによってiPad Air4かiPad miniか、どっちを持っていくかを決めることになりそう。もう少し使い込んで行かないとなんとも言えないけど、やはりモバイルするにはminiが最強かも。

まとめ

不満点がゼロではないけどメリットのほうが大きくて、買ってよかったと思えるiPadでした。

iPad Air 4とiPad mini 5

特に今みたいに外出が大幅に減ってしまっていると、iPadを外出先で使うことよりも自宅で使うことの方が圧倒的に多くて、軽さや小ささよりも画面サイズの方が優先されてしまってiPad miniの優位性が薄くなってる気がします。
iPhone12 miniの売れ行きが良くなかったのも、コロナ禍の影響が少しはあったのかもしれない。
とはいえ、iPad mini6が噂されているように、Air4をそのまま小さくした形で発売されたらiPad mini5から乗り換えるんですけどね。

個人的な用途にはiPad Air4はすごく合っていて色んな可能性を感じたタブレットではあるけれど、デメリットにも書いたように価格はとても微妙だと思うので、iPadを持っていなくてAir以上のグレードは高いと価格で悩むくらいなら無印iPadを買った方が幸せになれると思います。

Apple(アップル)
¥69,080(2021/09/24 17:51:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました