iPad Air miniと言っても良いくらい、iPad Air4を小さくしたようなiPad mini6ですが、2台を比較してみても基本的な使い分けとしてはiPad mini5の時からあまり大きくは変わりません。

ただ、同じ形になったからこそより顕著になったことも出てきたので、同じ形同士のAir4とmini6を比較した時にどういう使い方がそれぞれに向いているのか?を検証してみたので、どちらを選ぶと自分の用途にあうか?参考にしてみて下さい。

手持ちタブレットのiPad mini6

iPad mini6

第5世代の頃からそうだけど、ノートPCに比べるとAir4は軽いとは言え、miniとの比較になると重すぎるので、どちらかを選ぶのであれば手持ちで使うのは確実にmini6です。

画面サイズが変わり、縦横比率にも変更があったことで雑誌が見開きでも見やすくなり、読書をすることに関して、個人的にはmini6のサイズで十分だと感じます。mini5の時は雑誌の見開きが若干キツく、縦持ちで見ることもあったけれど、そこまで大差があるわけではないにも関わらず、mini6では横持ちで見開きを見れています。

読書、ウェブやSNSの閲覧、ちょっとしたフリックでのテキスト入力ならiPad mini6という使い方をしています。

また、iPadOS15からiPad miniを横置きした時のホーム画面でアイコンの配置で、左右の端にかなりマージンを取るようになっていて、もっと広げて欲しい、もう1列アイコン置けるのでは?という声も聞きますが、これは恐らく横画面で手持ちした時に無意識にアイコンに手が当たってタップしてしまうのを防ぐためだと思います。

iPad mini6
iPad mini6
iPad mini5
iPad mini5

mini5とmini6を比較しても、画面左端からウィジェットの左端まで、mini6が25mm、mini5が16mmとなっていて、明らかにmini6の方がベゼルからアイコンまでのマージンを広く取っています。また、画面左端からDock左端まではどちらも4mmほどと同じマージンになっているので、横置きでワイドになったからという理由だけではなく、狭くなったベゼルを見越してのUIデザインではないかなと思います。実際これで横持ちした時に、持ち手が画面内に被っていたとしてもスライドやタップなどの操作に全く不都合が無く使いやすいです。

最初は単純に画面が広くなった分が余ってしまったのねと思ったのですが、Dockのデザインはそうではないので、実はめちゃくちゃ考えられたUIデザインなんだろうなと思いました。第5世代と第6世代で微妙にOSのUIデザイン変えているって凄くないですか??

置き型タブレットのiPad Air4

Magic Keyboard

これはもう揺るがず。長時間の手持ちはAir4ではキツいです。手首あたりまでデスクの上や太ももに乗せて見るのであれば、しばらくは使えますが、肘より先を浮かせた状態では疲れるのも早いです。

Magic KeyboardがあることもAir4が置き型に向いている理由に含まれてしまいますが、キーボードとトラックパッドの使い心地が良い上に、本体は少し浮いているのが絶妙に使いやすく見やすくて良いです。またiPad本体に充電ケーブルを挿す必要がなくなるのも便利さを際立たせているかも。

Magic Keyboard

高さのあるスタンドをiPad miniにも使えば、Air4の利点以上に視点が上がって良くなるとは思いますが、デスクでMacやPCとの併用を考えた時に収まりの良い場所がちょっと今はなくて、メインモニターの下がiPad miniのちょうど良いポジションとなっています。大きいスタンドになると、家の中の少しの移動でもわざわざ持ち運んで使うケースが少なくなってしまうんですよね。

基本的には家の中でも外でもMagic Keyboardとセットで使い、たまにMagic Keyboardから外してスタンドをつけて寝転びながら動画鑑賞をするという利用方法が自分の中では一番しっくりきています。

個人的に思う置き型の利点の7割ほどはMagic Keyboardありきなので、もしもiPad mini6用のMagic Keyboardが出たら意見は変わるかもしれません。(mini6にはSmart Connectorが無いから出ないと思うけど)今から考えると不便な点もあるけれど、第2世代のminiで使っていたLogicoolのUltrathinキーボードはかなりお気に入りでした。

手書きタブレットに向いているのは?

手書きなら大きいほうが書きやすくて良いのでiPad Air4!とずっと言ってました。が、第5世代iPad miniに比べて、少ししかディスプレイサイズが大きくなっていない第6世代iPad miniが、なぜか書きやすくなったように感じるのです。

iPad mini6

ただ、何でも書けるようになったと言うよりは、iPadOS15の新機能+iPad mini6になってシステム手帳や付箋のような使い方が出来るようになったイメージです。個人的な用途としては、絵を描くことがあまり無いのでiPad mini6でも事足りるようになってきたかな?と言う感じでしょうか。

絵を書く、写真のレタッチにApple Pencilを使うような用途であれば画面は大きいほうが絶対に良いし、手書きとしてどちらかを選ぶのであれば間違いなくiPad Air4の方が良いと思います。

iPad mini6が手書きに向いていると感じるようになったのは、Apple Pencil 第2世代に対応したのも大きいかも。iPad本体にくっつけて充電・保管が出来る事と、1cm程度とは言え第1世代より短くなっていることがサイズの小さいiPad miniに合っているんだと思います。

iPad Air4
created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,497 (2021/12/02 14:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

動画閲覧用のタブレットに向いているのは?

iPad Air4

最近お気に入りのミヤマさんのYoutube

これはもう単純にディスプレイサイズの大きさがそのまま利点になるので、iPad Air4の勝利。第5世代miniより大きくなったとはいえ、8.3インチと10.9インチなので、2.6インチの差がかなり違ってきます。

僕自身は眼鏡無しでは生活出来ない程度にかなり目が悪いのですが(視力は0.1あるかないかくらい)、ベッド横に設置したアームスタンドにiPad Air4をセットして裸眼で寝転びながら鮮明に動画を見ることが出来てます。iPad miniになるとちょっと眼鏡が欲しくなる微妙なサイズになってしまう感じ。

とは言え、さすがに国内の移動時間程度での飛行機で動画を閲覧するのはAir4を使うほどでは無いので、iPad miniで十分です。

本体スピーカーの音質はどちらも大差ないので、ちょっとした動画閲覧程度であればどちらを選んでも音質に不満は無いと思います。

iPadOS15で追加されたステレオを空間化で、どの動画コンテンツでも空間オーディオが体験出来るようになったので、miniでもAirでもAirPods Proを合わせて使うのが最強です!ノイズキャンセリングが不要であれば、AirPods第3世代も良いと思います

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580 (2021/12/03 02:10:19時点 Amazon調べ-詳細)

ボリュームボタンの比較

iPad mini6

単純なボリュームボタンの位置としてはiPad Air4の方が使いやすいです。ここしかないから仕方がないとはいえiPad mini6の位置は使いやすくはない。

ただ、iPad mini第5世代と第6世代の比較記事でも書いたのですが、iPad mini6の傾きによってアップダウンが変わるフレキシブルなボリュームボタンおかげでiPad Air4のボリュームボタンに大きな不満が出てしまいました。

iPad mini5

画像はmini5だけど、Air4でもこれと全く同じ配置。

ボタンの位置がmini6とAir4では全く違うとはいえ、どう考えてもAir4の横置き時ではボリュームアップとダウンのボタン配置が逆だと感じてしまうので、以前のように「あーもう、またミスってしもた!」で済まなくなってしまった感じるように。縦持ち時には確かに上がボリュームアップが自然なのですが、mini6の素晴らしいアップデートのおかげで、既存iPadに不満が出てしまった。

ということでAppleさん、ソフトウェアアップデートで他のiPadにもこの機能をぜひ…

外出のお供に持って行くのは?

iPad mini 6

カバン選びも最低限iPad miniが入るように選んできていたし、どんな時でもコンパクトに持っていけるiPad miniと、自宅用でコンテンツ消費のためのタブレットであるiPad Air4。のはずでした。

これもiPad Air4というよりは、Magic Keyboardのおかげで文字入力が快適すぎて、テキスト入力やブログなどの執筆をする予定がある時はiPad mini6ではなく、iPad Air4を選んでいます。合計すると1kgを超えてしまって、MacBook12インチより重いのであまり気軽に持って行きたいとは思えない重さにはなるのですが、Magic Keyboardを使ってしまうと、このタイピング感はiPad miniで使えるコンパクトなキーボードでは許容できるものがまだ見つからない…というところです。

ただ、電車やバス、飛行機などの交通機関での移動中で使うにはiPad Airクラスのサイズになると、少し隣の人が気になってしまうんですね。こういう時に使うにはiPad miniが本当に最強で、隣の人にも邪魔にならず、自分もコンテンツを見やすいと思えるベストサイズです。

ちょっとした外出であれば、iPad mini6のセットを毎回持っていくし、カフェなどでテキスト入力を行う予定がある時はiPad Air4を持って行くと使い分けるようになりました。

単純に用途次第になってしまうので、どういう使い方をしたいのか?で決まってくると思いますが、外出の際のコンテンツ消費用端末としてはiPhoneでは物足りないくらいiPad miniが最強です。もしかしたら仕事が入るかも?程度であればAir4ではなくiPad miniを持って行きます。

まとめ

iPad mini 6

結局どっちが良いの?とは決めづらい結果ですが、個人的にはどちらか1台に絞るのであればやはり第1世代から使い続けてきているiPad miniですね。自分の用途には一番合ったタブレットだと思っています。

ただ、他人に勧めるのであればiPad Air4、もしくは無印になるかなぁと。やっぱり10インチ前後は万能だし、オールマイティに使えるタブレットだと思います。iPad miniは本当に見たサイズそのままの印象で、iPhoneよりは圧倒的に見やすい反面、自宅での利用では物足りない部分が出てくるといったところでしょうか。

この記事が、どちらを買うか悩んでいる人や、自分のiPadの使い方が再認識出来た!など何かの参考になれば幸いです!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥69,080 (2021/12/02 14:13:50時点 Amazon調べ-詳細)
この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします!