iPadでオススメできる電子書籍アプリ3選

iPad miniがベストな電子書籍ガジェットだと思ってほぼ毎日なにかを読んでいるのですが、色々使ってきた中からお勧めできる電子書籍アプリを3つご紹介します!

Kindle

Kindleアプリ

まずは王道Kindle。プライム会員の人は追加料金無しで読める本も結構あるので、とりあえず入れておいたほうが良いです。

ジャンルも多く、漫画からビジネス本まで色々あります。単品での購入も出来るし、毎月読んでいる雑誌がある人、色々な本を読みたい人はKindle unlimited(月額980円)を使うと良いかも。

アプリの使い勝手も良くて、途中で閉じた本も閉じたページを記録しておいてくれるので、次に開いた時もそのページを開いてくれます。

電子書籍アプリ 電子書籍アプリ

タブレットを縦にすると1ページ、横にすると2ページ分を見開きで表示されます。
漫画などコミックは見開きでも十分見れるけど、雑誌等は文字が小さすぎるので12インチクラスのタブレットでないと縦が良いと思います。

Android版はアプリから直接購入が出来ますが、Apple版はアプリからの購入は出来ません。Kindleだけではなく、どのアプリでもほとんどそうですが、ブラウザからの購入になります。

ebook

ebookアプリ

元々はebook japanという独立したサービスでしたがYahooと合併しました。無料読み出来る本もあるし、無料チケットももらえます。こちらは漫画がメイン。

アプリの使い勝手は、以前のebook japanの頃の本棚のほうが好みでしたが、シンプルで使いやすいです。

電子書籍アプリ 電子書籍アプリ

閉じた本を再度開くと記憶しておいてくれる点、縦横で1ページか見開きになるかの点に関してはKindleと全く同じです。

こちらもApple版のみアプリからの直接購入は出来ません。

SideBooks

Sidebooksアプリ

こちらは自炊した本を読むのに使ってます。PDF,ZIP,CBZ,RAR,CBR形式に対応。
フォルダが作れるし同じタイトルはまとめられるので、ジャンルごとにも整理がしやすく大量に保存していても探しやすいです。
めくる時のちょっとしたギミックも本を読んでる感覚で◎。
PCやMacとはDropboxを使ってデータを移すことが出来ます。

家に大量にあった漫画やコンピューター系の本は自炊代行サービスでデジタル化してもらってこの中に入りました。あんな大量にあった本をどこにでも持ち歩けるようになったって凄い時代になったなぁ。ネットカフェで漫画読むことがほとんどなくなりました。

まとめ

現在使っている読書用アプリ3つをご紹介しました。
iPhoneでも使えるアプリではあるんですが、iPhoneの画面では私には小さく感じるので読むときはiPad miniだけになっています。

漫画用がebook、雑誌・専門書などはKindle、自炊用はSidebookという感じで使い分けていて、1つにまとめられると一番良いのですが、電子書籍は買ってしまうと移籍は出来ないのが難点なんですよね。なので私の場合はジャンルで分けていますが、アプリの使い心地としてはSidebookが一番使いやすいと思います(書籍の販売はないけど)。

月額固定の雑誌読み放題サービスも各社行っていて月に2冊以上買って読んでいる人なら絶対お得です。
これも色々使ってみましたが価格と種類のバランスで良かったなと思ったのは楽天マガジンでした。配信されている雑誌に各社微妙な差があるので、自分が読みたい雑誌がそこにあるのか先に調べたほうが良いです。最初の30日は無料というのはどこも行っているので、試してみてはいかがでしょう!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。