外出先での最適な充電アイテムを紹介

充電アイテム

ガジェットが増えてくると、外出中の充電に困ることが出てきますよね。特に泊まりとなると宿泊先でコンセントが足りないという事も。充電アダプターがたくさん必要になると荷物が重くもなるし同時に充電出来なくて充電忘れという事にもなるので、自分なりに現状で一番ベターな方法を紹介します!

持っていくアイテム数はなるべく減らす

私自身もiPhone、iPad mini、Macbook、ワイヤレスイヤホンは持っていきますし、最近ではアイコスやプルームテックのような電子タバコを使う人もいると思います。使うガジェットはあまり減らせないと思うので、コンセント不足を解消出来て充電アダプターを減らせるアイテムがこれ。

INOVA電源タップ

USB-Aで3台まで充電出来て、コンセントが3口、最大1400Wまで使える電源タップです。

大は小を兼ねない

アダプターも電源タップも多ければ良いのは自宅だけで、持ち出す際には自分が必要な量ピッタリくらいに収めるほうが絶対に良いです。移動中はカバンが重いし、LCCに乗るときには重量オーバーになることも。

Macbook用も最初は純正アダプターを使っていたけれど、ANKERのPowerPort Atom III Slimに切り替えました。

小さすぎるUSB-C充電器 Anker PowerPort Atom III Slim のレビュー

純正アダプターと比べるとこのサイズの差!

ANKER PowerPort Atom III Slim

GaN (窒化ガリウム)を使った充電器はサイズが小さく、電源容量も今は色々出ていて、少なめでも充電スピードが若干落ちるだけで使用には問題ないので、必要最小限のアダプターを選ぶのが◎。

薄くて小さいので毎日持ち歩いても邪魔にならないのでオススメ

USBケーブルは短いほうが持ち運びが楽!だけど用途は考えよう

充電アイテム

充電用に使うケーブルは、長すぎるとガジェットポーチの中で絡まったり邪魔になるので短いほうが良いです。ただ、充電しながらiPhoneを使いたいとなると、短すぎると使えないのでどういう使い方をするかを考えてケーブル長を選んだほうがベター。ガジェットポーチもあまり大きな物は邪魔になるので全体的にサイズと重さを減らしていく方向で考えると良いですね!

失敗談も…

Macbookの純正アダプターも邪魔だなと思っていた頃に、色々調べていると似たような電源タップだけどMacbookなら充電タップから直接電源が確保出来るという情報を見つけたので買ってみました。

電源タップ

Amazonで見てた時はサイズも同じくらいだろうと思っていたのですが、実際届いてみると微妙に大きい。幅と高さそれぞれ1cmくらいプラス。まぁ良いかと思って使ってみたら、Macbookを使いながらiPhoneを充電すると、Macbook側の充電量が微妙に足りないようで、充電オン・オフがちょくちょく切り替わって鬱陶しい状態になってしまったので却下となりました。

まとめ

移動が楽になるように、LCCなどの重量制限に引っかからないように、なるべく小さいもの、短いもの、軽いものを選ぶのが正義です。使うかも…は使わないことがほとんどなので、少しずつでも最適化していけたら良いですね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。