Amazon Musicの空間オーディオですが、設定変更が必要な項目があるのでご紹介します。合わせてAmazon musicアプリで変更しておいたほうが良い項目をいくつかピックアップしました。

設定

設定を開くにはホーム画面右上のギアアイコンをタップするとメニューが表示されるので、設定をタップします。

Amazon musicアプリ
Amazon musicアプリ

ドルビーアトモス / 360 Reality Audio

Amazon Music Unlimitedの空間オーディオですが、この設定をオンにすることで、Dolby Atmosで登録されている楽曲を空間オーディオで聞くことが出来ます。

設定で開いた項目の中にドルビーアトモス / 360 Reality Audioという項目があってデフォルトではオフになっているのでオンに変更します。

Amazon musicアプリ

実際に聴いてみると映画ほどの差はないように感じますが、今までは頭の中で音が鳴っているというイメージだったのが、ボーカルが前方から聞こえてくるようになるので、やはり空間オーディオの威力は絶大だと感じました。

ただ、iPhone+AirPods Pro(AirPods 第3世代)で視聴する場合はAppleオーディオを空間化は別の機能として働くので、Dolby AtmosだけではなくUltraHDでも空間オーディオでの視聴が可能となっています。

iPadOS15 オーディオを空間化

この条件でDolby AtmosとUltraHD両方ある楽曲を聴き比べると、Dolby Atmosのほうが全体的に音が軽くなってしまい、UltraHDのほうが明らかに音質が良いです。Dolby Atmosのほうが音場が若干広いようには感じはしますが、音質の差のほうが大きく、iPhone+AirPods Pro(AirPods 第3世代)のオーディオを空間化で聞くのであれば、UltraHDで聴くほうが良いと思います。

ダウンロード品質設定

HD/Ultra HDではもう一ランク上の音質で視聴することが可能です。どれくらい違うのか言葉で説明するのは難しいですが、Ultra HDを聴いた後に標準品質を聴くと、明らかに鳴ってない音があって音の高級感に差があるというのがすぐ分かるくらいには違います。

音源が良くないとイヤホンの性能は活かしきれないので、良いイヤホンを使っている人には特に試してもらいたいです。

Amazon musicアプリ
Amazon musicアプリ
Amazon musicアプリ

Amazon musicアプリはiPhone版、iPad版ともにインストール直後の設定ではダウンロード設定でのデフォルトは標準品質になっています。標準とUltraHDでは聴き比べると全く別物なので、再生可能な最高品質(HD/Ultra HD)を選択する必要があります。

モバイル通信中にはダウンロードしたくないので、Wi-Fi接続時のみダウンロードするもオンにしてあります。

Amazon musicアプリ

標準品質でダウンロード済の場合は、設定を変更した後にプレイリストの…から「自動で再ダウンロード」をタップすると上書きでダウンロードが行われます。

実はダウンロード品質の設定があるのを知らなくて、最近まで標準品質のまま聴いていました。UltraHDでダウンロードし直したら、AirPods Pro、Bluetoothスピーカーのどちらで再生しても格段に音が良くなりました。もっと早く気付けば良かった…

ストリーミング設定

ストリーミング再生は、端末に音楽ファイルをダウンロードする必要がないので、ストレージ容量を使う必要がないため、色々な曲を聞きたい人にはすごく合っていると思います。

ただ、端末内に保存しているわけではないため、再生する度にAmazon musicのサーバーから音楽データをリアルタイムで読み込んでいるということになります。

それぞれメリットとデメリットがあるので使い分けが必要ですが、基本的には外出中でも聴くようなヘビロテで聴く楽曲はダウンロードしておき、自宅や職場でBGM代わりに流す曲はストリーミングというのが良いのかなと思います。

デフォルトでは音楽・ビデオともにWi-Fi接続時のみストリーミング再生はオフになっているので、モバイル通信中でもストリーミング再生が行われます

毎月ギガが余る人であれば問題ないですが、自宅でWi-Fi接続している人は曲はダウンロードしておいて、Wi-Fi接続時のみ再生をオンにしておいたほうが無駄な転送量を抑えることが出来ます。

モバイル通信の時にも音楽のストリーミング再生を行う場合は、Wi-Fiとモバイル通信でそれぞれ再生品質を個別で設定しておくことが出来ます。

ビデオのストリーミング設定

設定Wi-Fiのみでビデオをストリーミングオンにします。モバイル通信中も見たい方はオフのままで。

Amazon musicアプリ

音楽のストリーミング設定

Wi-Fiの時のみストリーミング再生する場合は、設定ストリーミング設定を開き、Wi-Fi接続時のみストリームするオンにします。

モバイル通信中にもストリーミングする場合は、Wi-Fi接続時のみストリームするオフにしておき、Wi-Fiとモバイルデータでそれぞれ再生品質を設定します。

Amazon musicアプリ

あまり外でストリーミングしない派ですが、個人的にはWi-Fiでは自動モバイルデータでは標準にしてます。

まとめ

良い音質なのはもちろん重要だと思いますが、映画だけじゃなくて音楽でもやっぱり音場って大事だなと改めて思いました。改めて比較してみて標準音質とHD音質にこれだけ差があるのもちょっと驚きでした。聞きたい音楽がPrime特典だけでは聞けないという理由だけで入ったのですが、入っていて良かったです!

また、少し高かったですがAirPods Proを使っていて良かったなと思うことが続いて嬉しい限りです。空間オーディオは一度味わうと本当に他を使う気にならなくなりますよ。

Amazon musicアプリをダウンロードしたまま使っている人は、ぜひ一度設定を見直してみて下さい。この記事が参考になれば幸いです!

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします!