Webエンジニアのカバンの中身

カバンの中身ガジェット
この記事は約7分で読めます。

打ち合わせに出掛けたり、コワーキングスペースで仕事をしたくなった時、遊びに行くけど念の為に…など普段持ち歩いている仕事用のセットを紹介します。かなり厳選して軽さ重視で選んでいるので、重くて困っている人には参考になるかも?

iPad mini

カバンの中身

iPad mini用のセット。タブレットスタンドとApple Pencil。SidecarでMacbookのサブディスプレイとして使う時、休憩中に動画を見る時に使うスタンドはなるべく軽量で小さく安定度のあるプラスチック製スタンドを使っています。EWINのBluetoothキーボードの付属品で付いてきた物だけど、かなりお気に入り。

Apple Pencilもメモを取ったり打ち合わせでは必須。キャップを無くさないようにシリコン製のキャップカバーで本体と繋がるようにしてます。これでApple Pencilが転がることも無くなりました。

EWIN Bluetoothキーボード

Macbook Proも持ち出す時には置いていくけど、iPad miniのみの時にはEWINのBluetoothキーボードを持っていきます。折り畳み式なので少しクセはあるけど、打ち心地が良くてリーズナブルなのでこの手のモバイルキーボードでは一番おすすめ。

カバンの中身

ケースはクロロプレーン製(ウェット素材)の物。iPad miniの収容と小物類を入れることが出来るポケットがあるので、スタンドとApple Pencilをまとめておけてるので便利。生地の厚みもそこそこあるので、クッション性も多少あってiPad mini本体に傷が付くこともありません。見た目のオシャレ度は落ちるけど、軽さと利便性を最優先にしてます。

JTTオンライン限定商品
¥1,190(2021/10/26 11:32:51時点 Amazon調べ-詳細)

小物類

カバンの中身

iPad mini用品以外の必要な物は全てまとめて無印良品のナイロンペンケースに収納してます。ガジェットポーチも色々使ってみたけど、入れ物を大きくしてしまうと持ち出す物も無駄に増えてしまうし、これくらいが丁度いいです。クッション性は全くないけど、保護が必要な物を入れているわけでもないし手荒に扱うこともないので困ったことも特になし。何より軽いのが最高。メッシュポケットもあるので、小さいものはここに入れて置けるのも◎

カバンの中身

昔はモバイルバッテリーやWi-Fiルーターも持ち歩いていたのでもっと荷物が多かったけど、絞りに絞ってここまで減らしました。充電に困るほど作業をするならカフェとかコワーキングスペースに入ったほうが捗るからコンセントは確保出来るし、Wi−Fiルーターも同じ理由。今はiPad miniに楽天モバイルのSIMを入れているので、テザリングが必要な時はiPad mini経由でネットに繋いでます。

コンセントを複数専有してしまわないようにモバイル電源タップも用意してます。同じコンセプトの物をいくつか試してみて、サイズと軽さと使い勝手でこれに落ち着きました。USB-Aも3ポートあるので、同時にiPhone、iPad mini、Apple Watchの充電も可能。泊まりの出張時も同じセットを持っていくけど、電源周りで困ったことはありません。

INOVA
¥2,490(2021/10/27 06:45:38時点 Amazon調べ-詳細)

充電器はAnker PowerPort Atom III 45W Slim。30W出力タイプの前モデルもMacbook 12インチの時に使ってたけど、このシリーズは小さくて軽いのはもちろん良いけれど、薄さがポーチに収まりが凄く良くて邪魔にならないので愛用してます。Macbook Pro 13インチなら45Wでも特に問題なく使えます。

Anker
¥2,790(2021/10/26 11:17:50時点 Amazon調べ-詳細)

マウスはLogicoolのM350GR。薄くて軽いので携帯性に優れてるし、静音性なのでコワーキングスペースでも安心して使えます。電池式なのですが、いざという時に充電切れになるよりは外出時なら最悪コンビニで電池買えば何とかなるという安心感が逆に良いです。Magic Mouseを使う事も考えたけど、充電ポートが底面にあるのがどうしても許せなくて購入に至ってません。

Logicool(ロジクール)
¥2,364(2021/10/26 11:17:50時点 Amazon調べ-詳細)

USB-Cケーブルは純正だと長く太すぎるし、なるべく細く取り回しやすいケーブルを色々探して、アイネックス PD60W 対応 USB2.0 Type-Cケーブルを使ってます。USB2.0なのでデータ通信用としては考えてません。完全に充電用。

あまり外出中に充電することはないけど、iPhoneとiPad miniの充電用ケーブルのinCharge6とApple Watchの充電機は一応保険として入れてます

ケーブルも極限まで減らしてるけど、場合によってはLightningケーブルかmicroUSBケーブル+Lightning変換プラグを追加することもあり。

Macbook Pro 13インチ

カバンの中身

2020年製M1チップじゃないほうのMacbook Pro 13インチです。出先によってはWindowsが必要な時が結構あるので、今はまだこちらのほうが都合が良いです。ハードウェアスペックがそんなに必要な仕事内容ではないので、スペック的には全く問題なし。WindowsノートでmacOSが動くならRazer Blade Stealth 13が欲しいけど、残念ながら現時点では1台で済ませるならMacbook Pro 13がベター。出張時には今は2台体制になっているので、次のMacbook Pro 13の上位版がどこまでのスペックになるのかGPUの性能に期待!

ケースは本革のレザーケースを使いたかったけどイマイチ気に入った物が無く、重さとのバランスを考えて今の所はフェイクレザーのケースを使ってます。今後気に入った物を見つけたら変更するかも。

AirPods Pro

SednaEarfit XELASTEC

これはもう仕事絡みでなくても、外出する時には必須のアイテム。音楽をがっつりと聞きたい時にはSONYのWF1000X-M3にする時もあるけど基本的にはAirPods Pro。ノイズキャンセル機能がめちゃくちゃ優秀で、雑踏の中でも自分の世界に入れます。カフェでも集中して作業が出来るし、コワーキングスペースで周りの音が気になるときにも使えます。周りの雑音を減らしておいて自分のMacbookやiPadの音だけはクッキリと聞こえるので、一度使い始めてからはやめれなくなりました。

周りの音も聞いておきたい時は外音モードに切り替えれば、MacBookの音は漏らさずに周囲の音もすごく自然に聴けて便利です。外音取り込みモードに関しては他社製と比較してもAirPods Proがダントツで一番自然な音で聴けると思います。

WF1000X-M3の音質も凄く良いし、BOSEのQuietComfort Earbudsも気になっているけど、AirPods Proのケースの小ささが絶妙で中々他のイヤホンを1軍に出来ません。そのままカバンに入れるとケースに擦り傷が付くのでシリコン製のケースを使ってます。もしかしたらレザーケースに変えるかも。

Apple(アップル)
¥26,395(2021/10/27 07:04:32時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

カバンの中身

最近では全部含めても2kg未満で収まるこのセットに落ち着いてます。あったほうが良いかなと思う程度の物はほぼ使う事が無いので省いていきました。外出用アイテムはやっぱり軽さとサイズ感が正義なので、このセットからアップデートする時も最重要視するのは軽さ+サイズです。

ポーチやケース類も、見た目重視で選んでいた時期もあったんだけど、見た目と機能性のどちらも優れているって商品はなかなか無くて、結局はカバンの中に入れてるから見ることがあまりないし、1つ1つの重量はそんなに変わらなくても合計するとそこそこ重さは変わってくるのでこれくらいは良いだろう…という選び方はやめました。

カバンの中身

自宅では24インチのフルHDディスプレイを2台使っているので、さすがにその環境と比べる事は出来ないけど、これだけあれば普通に仕事が出来てしまうのでどこに行っても困りません。急に宿泊する事になっても仕事に関しては問題なし。

個人的にはビジネスリュックのデザインがあまり好きではないので(機能的には大好きなのが多いのですが…)、このセットをPorterのDaypackに入れて持ち歩いてます。10LのDaypackだけど、ガジェット類がこれだけコンパクトに収まってるので容量としてはかなり余裕があって、他にも目薬やリップクリーム等を入れたポーチも入れてます。リュック本体も超軽量なので、移動はとにかく楽。

最低限かつ不自由ないセットになるように考えてアップデートし続けてきてますが、何より大事なのは外出時に無駄な仕事をしなくて済むようにすることだと思ってます。気分転換に違う環境で仕事をすることも必要だけど、やはりメインの仕事環境が最も効率が良いのは間違いないので、持ち出す仕事もミニマムにするのが一番。

特に変わったものを使っているわけではないと思うけど、何かの参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました