デザインに一目惚れして購入したのですが、3ヶ月ほど毎日ずっと聞き続けてきたので実物を見た感想、音質や機能も含めてレビューします。実物が見れるのであればぜひ見てきて欲しいこの美しさ…3ヶ月経った今でも全く飽きません!

コンパクトで見た目が美しい

Audioengine A2+WIRELESS

以前から海外のデスク晒しでよく見かけていたスピーカーで、小さくて見た目も綺麗で良いなと思っていたのですが、写真を見てるだけではただの白いスピーカーで、メーカー名すら分からず、探すことも出来なかったのが始まりでした。

サイズはとにかくコンパクトで、高さ15cm × 幅10cm × 奥行き13cm とブックシェルフタイプの中でも小さい方ではないでしょうか。

主張しすぎないサイズがPCデスクに置いた時にもバランスが凄く良く、継ぎ目がない艶のある白い塗装とコーンの黒とのコントラストが美しく、質感がめちゃくちゃ良くてデスクのインテリアとしては最高です。

デスク上にある物のデザインの中ではMacbookやiPad mini以上、他の物はデザインが変わってもしょうがないなと思えるけど、これだけはずっとこのまま使い続けたいくらい好きです!

聞きやすくフラットでクセの無い音質

これ以前はBOSEを使っていたので、低音が強調されたスピーカーから乗り換えたときに、まぁ音はこんなものかなぁ…と物足りなさのようなものは感じました。

ただ、聞き続けていると耳がデトックスされたのか、エイジングが効いてきたのか、物凄く聞きやすく良い音に感じるようになってきて、BOSEに付け替えてみると低音が大きくて派手な音だなぁと思うようになっていました。

BGMで音楽を聴いていても疲れず飽きのこない音質で、1日中流していれるくらい。(以前は聞きたいときだけ聞くというスタイルでした)

Audioengine A2+WIRELESS

音量も十分すぎるほど大きく、スピーカー本体のボリュームが50%くらい、YAMAHA AG03の出力が50%くらいで6畳の部屋に丁度いいくらいの音量です。ボリュームを上げても低音が割れたり高音がキンキンする事もなく良い音で鳴ってくれますが、最大出力トータル60Wなのでとてもじゃないけど最大音量は自宅では出せません。

映画を見ていてもセリフの定位も音質も綺麗に聞こえて、派手な戦闘シーンのガチャガチャした音も綺麗に流してくれます。音楽も映画も万能に使えて大満足の音質です。

普段もっと良いスピーカーを聴いている人や耳の良い人には物足りないかもしれませんが、音楽に関しては好きなだけの素人な僕の耳では不満点が一切ありません!

Bluetooth接続でiPad mini6から音楽を聞く

Audioengine A2+WIRELESS
Pairと白く光っている丸いボタンがBluetoothのペアリングボタン

ワイヤレス接続での同時接続数は1台のみですが(ケーブル接続は含まない)、最大6台のデバイス情報を保存しておけます。Bluetooth 5.0、対応コーデックはaptX, AAC, SBC。

iPad Air4はデスク上での動画視聴は軽くYoutubeを見る程度で、特に内蔵のスピーカーでも不満がなかったのですが、ふとiPad Air4と繋いだらどうだろうと思って繋いでみると、後で考えたら当たり前なんだけど、もう本体スピーカーには戻れないほどこれがめちゃくちゃ良い音!!

すぐにiPad mini6もiPhone13 miniもBlutooth登録して、どの端末からでも音楽や動画を流せるようにしました。

A2+を買ってから最近まで、実はBlutooth接続が出来ることをすっかり忘れていて、iPad Air4をAG03に繋いでA2+WIRELESSから鳴らせないかなぁと思った時に、よくよく考えるとBluetooth接続出来るんだったと思い出しました(笑

Audioengine A2+WIRELESS

Youtubeだと、よく聴いてみると若干のラグはあります。体感で0.1〜0.2秒くらいでしょうか。AirPods Proのほうがラグは小さいです。デスク上でYoutubeを流すときは、チラ見する程度なので個人的にはあまり気にしていませんが、人によってはすごく気になると思います。

接続機器の切り替えは、接続中の端末を切断した後に次の端末で接続するという2段階の手間はかかりますが、一度登録しておくとBluetoothの機器リストに表示はされているので、あまり面倒でもありません。

Bluetooth機器同士の同時接続は出来ませんが、有線接続とは同時に出力が可能で、Macbookのシステム音を有線で出力しながら、iPad mini6からBluetooth接続で音楽を鳴らすということが可能です。

Macbook Pro1台で仕事をしながら音楽アプリを動かすのも特に問題はないんですが、BGM程度に流しておきたい時は少しでも負荷を分散させるためにiPad mini6で音楽を流しています。ただ、最近僕が使っているAmazon Music Unlimitedが料金そのままでHD音質が聞けるようになったので、

この2つを聴き比べてみると、明らかにMacBook Proのほうが音が良いですね。もちろんiPad miniも内蔵スピーカーよりは圧倒的に音が良いですが、聴き比べてみるとBluetooth経由の分、若干音質は落ちてしまう感じ。とはいえまぁ個人的にはBGMでは十分すぎる音質です。

これも逆に言うと、HDグレードの音がBlutoothと有線で違うということが割とハッキリ分かる程度に解像度があるんじゃないかなと思ってます。

最近はiPad mini6のamazon musicアプリでONE OK ROCKをずっと聴いてるけど大満足です。

1台のスピーカーを2台で共有

仕事ではMacbook ProとWindows PC、ゲームではWindows PCと2台を使い分けているんですが、せっかくこんなに気に入ったスピーカーを使っているので、どちらを使うときでも簡単に切り替えて使えるようにしています。

美しいデザインと綺麗な音質が最高!Audioengine A2+WIRELESS
スピーカーとマイクをMacとWindowsで共有する方法

スピーカー1台を2つのパソコンで鳴らしたいことや、マイク1本を2つのパソコンで使いたい時に配線をどうするか悩むことも多いと思うので、どのパソコンを使ってる時でも1セットのサウンド環境を簡単に切り替えて使える方法をお伝えします!私の環境では自...続きを読む

base-g.com

USB切替器を使ってオーディオインターフェイスの入力元を切り替えているんですが、特に音の劣化もラグもなく、物理的なボタンで切り替えるだけなのでエラーも全くありません。Windowsでゲームをするときにもめちゃくちゃ良い音で鳴ってくれるので大満足です!

まとめ

今年、というよりもここ数年で買って良かった物ベスト1になりました。やっぱり自分にはモノのデザインも大事なんだなと改めて気付かされたアイテムになりました。

今はレンガの上に乗せて少し高さを稼いで使っていますが、AI機能があるわけではないスピーカーなので音源の位置は大事だと思います。デザイン的に好みに合う人は純正のスピーカースタンドを使うと、角度も少し上を向くので良いかもしれません。

ただただ自分が気に入ったものを褒めるだけという記事になってしまいましたが、もし何かの参考になれば幸いです!

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします!