楽天モバイルの物理SIMをeSIMへ変更

my楽天モイバイルアプリサービス
この記事は約3分で読めます。

ローンチ初期の頃から、iPad mini 5に楽天モバイルの物理SIMを入れて使ってきましたが、iPhone13 miniにSIMをまとめることにしたので、物理SIMからeSIMへと変更しました。

物理SIMからeSIMへの変更手続きや、iPhone13へのeSIM登録方法をお届け致します。

物理SIMからeSIMへの変更理由

iPad mini 5での物理SIM運用でも特に不満もなく、どこでも気軽に通信出来るiPad miniも便利ではあったのですが、この1年半ほど外出先でiPad miniを使う機会が減ってしまっていて、楽天モバイルの無料枠である1GBには程遠い利用月も多く、これをもう少し使えないかと以前から模索していました。

iPad mini 6

また、9月に発表されたiPhone 13が物理SIMにeSIMを追加しても5Gが使えるようになったこと、物理SIMを1枚+eSIMを複数登録しておいて切り替えて利用することが可能なこと等を考えた時に、iPhone13 miniにモバイルデータ通信を全てまとめてしまった方が管理がしやすく、コストパフォーマンス的にも良さそうな時代になったので、物理SIMからeSIMへ切り替えることにしました。

SIM変更料金

物理SIMからeSIMへの変更、eSIMの再発行は無料です。eSIMを別端末に載せ替えるには再発行する必要があるけど、いつでもアプリやウェブのマイページから手続きが出来るので便利。事務手数料がかからないのは本当に助かります。

物理SIMからeSIMへの変更手続き

申請後のプロファイルの設定が楽なので、my楽天モバイルアプリを利用しての画像を掲載していますが、ウェブでの申し込みも基本的には同じような流れで完了します。

  1. my楽天モバイルアプリを起動する
  2. 右上のメニューアイコンから「契約情報」を開く
  3. 一番下までスクロールして各種手続きの「SIM交換」をタップ
  4. SIM交換・再発行の理由に「その他」を選択
  5. SIMタイプに「eSIM」を選択
  6. 「再発行する」をタップ
  7. お申し込み内容の確認を確かめて「次へ進む」をタップ

楽天モバイルeSIM交換楽天モバイルeSIM交換楽天モバイルeSIM交換楽天モバイルeSIM交換

申し込みはこれで完了で、メールで受付完了の案内などが届いて、自分の場合は夜中でしたが10分程度でeSIMの開通手続きが完了しました。深夜でも変更が出来るのはありがたい。

iPhone13(iOS15)のeSIM設定

申請が完了したら、iPhoneでeSIMのプロファイルの設定とインストールを流れに沿って進めていきます。

  1. 「開通手続きへ進む」をタップ
  2. モバイル通信プランのインストールが始めるので「続ける」をタップ
  3. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  4. モバイル通信プランの名称を変更して「続ける」をタップ
    (把握出来ているならそのままでも良いです。僕はauとの併用なので分かりやすくするために楽天モバイルと付けました)

楽天モバイルeSIM交換楽天モバイルeSIM交換楽天モバイルeSIM交換楽天モバイルeSIM交換

  1. 通話で使うデフォルト回線を選択(SIMが複数の場合)
  2. iMessageとFacetimeで使うモバイル通信プランを選択(SIMが複数の場合)

楽天モバイルeSIM交換楽天モバイルeSIM交換楽天モバイルeSIM交換楽天モバイルeSIM交換

以上で開通手続きとiPhoneのプロファイル設定が完了です。

まとめ

手続きも簡単に済み、iOS15のモバイルデータ通信の切り替えも簡単。auはピタットプラン5G(現時点では都合によりキャリアメールをやめるわけにはいかないので)の1GB、楽天モバイルの無料枠1GBと合わせて月間2GBまでを追加料金なしで有効利用出来るようになったので、通信をiPhoneにまとめて正解でした。

今のところ使う予定はないですが、iPhoneにeSIM設定したことでiPad miniでは使えなかった楽天モバイルに割り当てられた電話番号も使えるようになったので、電話番号の使い分けも可能になりそうです。

楽天モバイルのみの利用であれば物理SIMからeSIMに変更する利点は特に無いですが、他キャリアを利用している人も1GB未満の利用であれば無料で利用出来るので保険代わりに、複数台のスマホをまとめたい人にもぜひオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました